薬剤師に向いているタイプ


薬剤師は難易度の高い国家試験に合格しなければなれない職業ですから、高収入と安定した生活を実現できる職業と言えますが、どんな人が向いているのでしょうか?

薬剤師国家試験を受けるには所定の大学を卒業する必要がありますので、高額な学費を支払う能力が必要だと言えます。 大学の全課程を修了しなければ取得できませんので、高額な学費を賄える資金力を持っている人が薬剤師に向いているといえます。 仕事の内容は主に薬局での薬の調剤業務となりますが、薬は用法・用量を間違えると大変な事態となる強い薬もありますので、間違えずに確実に調剤を行う必要があります。

責任のある職業となるため、薬剤師には求められる人間像も高くなってくると言えます。 業務を遂行する上では注意力や集中力、責任感の強さなどがあります。

薬

注意力は調剤を間違えてはいけないため、慎重に調剤を進める必要がありますので処方箋を確実に理解する能力が必要です。 また忙しい時間帯ともなれば薬局を訪れる人も多くなりますので、素早い対応が求められる機会が出てきます。 そのような状況でも集中力を発揮して間違わずに調剤していく集中力が求められます。 薬は一歩間違えば命に係わる結果が起こりかねないものですから、責任感を持って仕事をすることも必要です。

注意力や集中力も大切ですが、調剤を行うには曖昧な作業では正確な分量を実現することはできませんので、几帳面さを持っている必要があります。
つまり、几帳面さと責任感の強さが薬剤師に向いている人だと言えます。

薬剤師には薬の調剤を行うだけではなく、薬を渡す際には説明を行う義務があります。 用法・用量を間違えると副作用や体に与える影響が強くなりますので、確実に説明を伝える能力が必要です。分かりやすく丁寧に説明するには薬に対する知識が必要ですし、 上手な会話をするにはコミュニケーション能力も必要になってくるのです。

工業分野の技術者には仕事ができればよいと考える人が多く人間性に難がある人がたくさんいますが、薬剤師には通用しないと言えます。 幅広い高度な知識を持つことは基本となりますが、コミュニケーション能力など、人間性も重要な能力となってくるのです。
薬剤師は高収入と安定した生活が期待できる職業ですが、その仕事は医師と同じように薬によって人の命を預かる職業となります。 間違った行動をとれば薬によって命に係わる危険性がありますので、人間性も含めて能力の高さが求められるのです。