薬剤師の仕事内容と勤務先


薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容は、医師の処方箋に従った薬の調合や供給などを行い、国民の健康維持に務めることにあります。 薬剤師は薬のスペシャリストとして、薬を調合したり、研究したりすることが仕事内容となります。また、服薬に関する指導についても行います。 薬剤師の職場としては、調剤薬局やドラッグストア、病院などが一般的ですが、最近では薬剤師の仕事の幅も広がり、化粧品メーカーで働いたり、 製薬会社で研究開発に携わるなどの仕事も増えてきています。

薬剤師の仕事内容は多様化していますので、自分が目指す分にあわせて、プラスアルファのスキルについても身につけておいたほうがよいです。

患者さんに薬の服用や効用を説明できるコミュニケーション能力やパソコンの基本スキルなど、目指す方向によって身につけておくべきスキルは変わってきます。 薬剤師は専門性の高い仕事であり、結婚や出産などによっていったん退職しても、また再就職しやすい仕事でもあります。 職場により仕事内容に違いがありますので、キャリアアップや復職のことも考慮に入れて職場選びをしていくとよいです。

薬剤師の勤務先

薬剤師が活躍をする仕事場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などがあります。

調剤薬局では、調剤業務、服薬指導、薬歴管理の3つの業務があります。
調剤業務は、病院で医師が処方した処方箋にしたがって薬を作る業務です。
服薬指導は、患者さんにそれらの薬の効能や服用に際する注意事項などを説明したり、病気の予防に有効な情報を提供したりする業務です。
薬歴管理は、患者さんの薬の服用履歴を管理し、副作用などの情報を把握し管理する業務です。 高齢者社会に向けて在宅医療への取り組みが高まっていく今後では、医師と共に往診に行き、処方箋が出されたら調剤をし、服薬指導などを行う業務も増えていくことでしょう。

ドラッグストアでは薬剤師が多くの業務をこなす仕事場です。その主なものとしては、調剤業務、OTC販売業務です。 調剤業務は前述のとおり医師の処方箋にしたがって調剤しますが、OTC業務というのは、薬剤師がお客さんの相談を受け、ニーズに合った薬品をおすすめしたり、 服用や使用に関する説明などを行う仕事です。処方箋があるわけではないので、薬剤師の判断となります。またお客さんとのコミュニケーション能力も必要になってきます。 またドラッグストアは薬品類以外の日用品や食品なども販売しているので、それらの商品管理も行うことになります。

病院

病院での業務は、医師や看護師と共に入院患者の症状や顔を見ながら調剤を行います。最近では病棟を仕事場とした「病棟薬剤師」も増えています。 患者さんと直接、顔を合わせてやりとりをする機会も増えますので、薬に関する知識を殆んど持っていない患者さんに的確に説明をすることも仕事の一つとして求められます。 そのため、コミュニケーションスキルについても求められることになります。

一般企業で仕事をするときには、企業の利益について考える必要があります。企業の利益を向上させることを最終目的として働くことになります。 一般の企業で働くときには、営業職について働く場合もあれば、新薬の開発や研究などに従事する場合もあります。 製薬会社では、薬学の知識を生かし、医薬品を所持する事業所で薬事法に則った医薬品の管理を行ったり、 臨床開発モニターや地検コーディネーターなどとして業務を行うこともあります。 製薬会社以外の会社でも薬剤師は求められていますので、化粧品メーカーや医療用具メーカーなどでの仕事も考えられます。

その他にも大学など様々な研究機関や、動物病院などでも活躍できる場があります。学校や保健所といった公務員という仕事もあります。主に国や都道府県の職員として、 様々な検査にあたる仕事です。

このように薬剤師は多岐にわたって活躍をしています。今後ますます高齢化社会となっていき、病院やドラッグストアも増えているのですが、 薬事法の改正によって医薬品を販売する際には薬剤師を置く必要があります。

しかし薬剤師は女性が多く、出産や育児などで退職をしてしまったりして、薬剤師は不足しているのが現状です。 そこでいったん退職していた人も、ブランクがある人で不安がある人でも、 研修やセミナーを設けて復帰をしやすいようにする機関も増えてきています。 また、収入も高く設定されている仕事場が多いので、 薬剤師 転職しやすい環境といえます。 薬剤師は国家資格ですので、資格を取るまでは大変ですが、それに見合った価値があると言えるのです。