社会人から薬剤師になるには


まず、薬剤師になるためには大学の薬学部に入学する必要があります。
一般の学生は、勉強が中心にありますが、社会人の場合、大抵の場合は働きながら薬学部を目指すことになりますので、勉強の時間を削り出すことがなかなか難しいでしょう。 働きながら、学生と同じ量の勉強をこなす、あるいは勉強から離れていた期間が長いほど、学生以上に勉強する必要があるとも考えられます。 しかも、薬学部は他の学部に比べても難関な学部のひとつです。社会人としての時間と勉強の時間を両立するには、かなり努力が必要でしょう。

自分だけで勉強を進めることに限界を感じるのであれば、予備校に通うというのもひとつの選択肢です。予備校に通うことになると、当然課題もありますし、 なかば強制的に勉強をこなさなくてはいけない状況になりますので、勉強の時間を取ることができるでしょう。ただ、この場合は予備校にかかる費用をきちんと考えておく必要があります。

そして、費用という点では、無事薬学部に合格した後も、学費としての費用を考える必要があります。また、薬学部を目指す時点では社会人との両立が出来ても、 薬学部の学生となるとそうはいきません。夜間の薬学部はありませんので、仕事をやめて大学に通うことになります。そして、薬学部は6年制です。 このため、無収入の状態で、6年分の学費、そして生活費がかかります。

薬学部を卒業すると、薬剤師国家試験を受けることが出来るようになります。社会人から薬剤師を目指すということは、先述したようにお金も時間もかかります。 その上、卒業後の国家試験に落ちてしまっては残念極まりないことになりますので、モチベーションを高く持ち勉学に励むことが必要でしょう。

近年では、セルフメディケーションの考え方に基づき、かかりつけ医師に加えかかりつけ薬剤師を持つことが推奨されるなど、薬剤師の求人は決して少なくなく、むしろ増加しています。 このため、国家試験に合格して薬剤師として働けるようになれば、それまでの苦労から転じて、生活が安定する可能性が高いと言えます。
社会人から薬剤師への道、それは決して楽なものではありませんが、絶対に無理なことではありません。転身をお考えなら、それにかかる費用と時間を調べてみる価値はあるでしょう。